WordPress利用プラグインについて

仕事用、私用で利用しているプラグインについての覚書

お問い合せページ作成 プラグイン 『Contact Form 7』

使いやすいお問い合せページを作るプラグインです。
Contact Form 7 使い方ページ

画像をスライドさせたい プラグイン 『Meta Slider』

このサイトのTOPページに使用している、画像など簡単にスライダーさせることができるプラグインです。
サイトのバナーなどPRエリアに便利です。

SEOのことをまとめてこれ プラグイン 『All In One SEO Pack』

All In One SEO Packの使い方でお世話になっているページはこれ

パンくずリストを表示するプラグイン 『Breadcrumb NavXT』

ウェジット画面で画像を扱う際、意外に不便な画像のアップロード。
これを使って

ウィジェットで画像を扱いやすくなる 『Image Widget』

ウィジェットの設定画面から画像をアップできるけっこう便利なプラグイン。
サイドエリアに、関連バナーやリンク画像を置きたいときに、わざわざFTPでupしなくていいという。
クライアント様より、バナーの位置や変更は多々ありますが、これですぐに対応できます。

投稿記事内で PHP を実行させたい プラグイン 『PHP Execution』


投稿や、固定ページでphpを使いたいときがありました。
これは、テキストウィジェットでも使用できるそうです。
比較的、不具合も無く、使い勝手も良いほうです。でも、他のプラグインとの兼ね合いで使用できなくなったこともありました。慎重に使いたいです。

投稿時、テキストを書くエリア内のbrやpを取り除くプラグイン 『Raw HTML』

WordPressが勝手に追加してくれるbrやpのタグ。
助かる時もありますが、いらないときもあります。
クライアント様から原稿ばっちりもらえたときは、
そのままはりたい。そのページには、『Raw HTML』にチェックを入れて使います。

WordPress管理画面の項目をカスタムできるプラグイン『WPLite

ダッシュボードのサイドパネルの項目を非表示にする事が出来ます。
管理パネルをスッキリさせることにより作業効率を上げたりするときに便利なプラグイン

WordPressスマホ最適化するプラグイン『WPtouch Mobile Plugin』

サイトを簡単にスマホ対応できる便利なプラグインです。
とてもメジャーらしいです。
PCではokなのに、画像が非表示なところがあるので、そこを解明せねば。

サイトマップを自動表示するプラグイン『PS Auto Sitemap』

WordPressで作成したサイトのサイトマップを自動表示させるためのプラグイン

投稿ページにソースを掲載するプラグイン『WP SyntaxHighlighter』

WordPressのページに、ソースを掲載するプラグイン。
ソースをそのまま書くと、普通はブラウザに解釈されてソースは掲載されませんので。
投稿画面のエディターの一番上の段に「pre」と「CODE」という項目が追加されるので、
「CODE」を押して、表示させたいソースコードを入力し挿入して使います。

テキストエディタ プラグイン『WP Editor Settings』

しかし、『WP Editor Settings』と、『AddQuicktag』を一緒に使うと、
テキストエディタに登録してWP Editorのソースのボタンが出てこなくなるということになって、
今同時に使えない状況です。
ここらへん、調べてなんとかしないと。っと保留中です。

テキストエディタ プラグイン『AddQuicktag』

投稿者プロフィール

webママ
webママ
webのお仕事に携わるとても元気な2児のママ。
親も少し病気なため、育児と少々介護。いかに働くかということで、たどり着いた今の働き方は、
「週1出社してその他持ち帰ったお仕事で在宅勤務(時短)」という形。
毎日とっても忙しい中、大好きなwebや子育てのことなどブログなどで書いていけたらいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA